【アルファベットのこと】

b0184796_12150640.jpg
ひょんなきっかけで自分でお店を始めて30年!

いろいろありましたが、基本何も変わっていません。

こんなにかわいいものあるよ!
こんなに素敵な人いるよ!!
こんなに面白いことあるよ!!!

それだけで続けています。

お店なので、モノを販売してオカネとの交換をしています。
モノやオカネをぐるぐる回す仕事です。

自転車操業っていうのでしょうか、ないーーっておもったら、
どこかから回ってきます、そして、あるものはどこかへ回します。
漕ぎ続けてないと止まってしまう。

ある日、漕ぐのをやめました。やめざる終えなかった、というのが正しいのですが。

神さまが病気をくださいました!
ほんとに、この病気がなかったら大事なことに気がつかなかったかもしれません。

それ以来、生活のしくみ、企業のしくみ、政治のしくみ、世界のしくみ、
いろいろなしくみに、あっちもこっちもどうなってるんやろ!!?って 興味がわき、
知れば知るほど、現状や事実にどうしたらいいのか、、わからなくなります。

白も黒もあっていいのです。

生きがいって何?
しあわせって何?
人の役にたつって何?
家庭って?仕事って?

『みなさんが自由に自然に自分で、楽しく過ごせますように。』

アルファベットは、お店ですが、伝えたいことは、
日々の生活を楽しい気分で過ごしてほしい!ということなんです。

自分のできることを自分が楽しく!!できる能力を学ぶこと、経験すること。


ビルの建て壊しに伴って、

北山のアルファベットは8月末で閉店することになりました。8月末まで通常営業です。

9月はいろいろ整理整頓をします。

10月から何がはじまるのか?!
お楽しみに!!

アルファベット 店主
郷田 英子
b0184796_12172758.jpg
b0184796_12205003.jpg
b0184796_12211508.jpg
b0184796_12220535.jpg
b0184796_12223033.jpg
b0184796_12233284.jpg
b0184796_12271217.jpg


[PR]
# by alphabet123 | 2018-04-23 12:34

【〜4/10】alphabet journey 「旅の蚤の市」開催中です!

b0184796_19333858.jpg
alphabetオーナーが世界各地を旅して見つけた雑貨を集めた
「旅の蚤の市」始まりました。

スウェーデンやフィンランドの古い布やルーマニアのガラスなど、

アジア、ヨーロッパ、いろんな場所で土地土地の衣食住、それぞれに楽しみをもって、
人とつながりながら歩いてきた、はたまた駆け抜けてきた旅路。
きらきら、ワクワクするものをいつも探し続けて、
そんな旅で出会った道具たちです。

b0184796_19333375.jpg
ちらっとこっちを見ているわんちゃんも。
古いものは一点ものがほとんど。
b0184796_19260008.jpg
フランスのビュバー。
1950〜60年代にインク吸い取り紙として
企業が配布していました。
デザイン性も高く、額に入れて飾っても。
モノクロのものは¥1000前後から。
b0184796_19255661.jpg
色んな国のペナント。
元の持ち主が各都市で集めたものでしょうか。
綺麗に保管してあったものです。
b0184796_19255291.jpg
刺繍のハンカチ。
イニシャルを刺繍したものなどもあります。
花瓶の下などに敷くドイリーとしても。
b0184796_19254806.jpg
バテックプリントの生地。
こちらはvintageではなく新しいもの。
b0184796_19254540.jpg
シルバーのカトラリー。
下の赤い布はカトラリーケースとして仕立てられています。
b0184796_19254103.jpg
古いレースと小さな写真、
ボビンレースの糸巻き。
ボビンレースが出来なくっても、
ちょっと吊るしてみたりしても可愛いですよ。
b0184796_19253173.jpg
ベットカバーになるような大きな布から古布のハギレまで
手刺繍や手織りの美しいものもいろいろ。
デットストックでほぼ未使用のものもあります。
ディッシュクロスやテーブルセンターとしての
大きさのものも多いですが、
クッションカバーやポーチなどに
自分で作り直しても素敵だなと思えるものも沢山あります。
b0184796_19253600.jpg
桜満開の京都、
北山近辺も植物園や半木の道の枝垂れ桜のトンネル、
北山大橋から更に北へと続くソメイヨシノの並木道がほんとうに綺麗です^^
どうぞお越しくださいね。
b0184796_19332979.jpg
b0184796_19332616.jpg


[PR]
# by alphabet123 | 2018-03-30 19:52

【4/26〜5/8】 春のアクセサリー展

b0184796_14311792.jpg

花と若葉が鮮やかな晩春の4月下旬、
作家さん5名によるハンドメイドアクセサリー展が始まります。

色が淡く混ざりあったガラスのピアスやイヤリング、
刺繍やビーズを組み合わせた布のブローチ、
絵本から飛び出してきたようなキャラクターたち。
カラフルだったり可愛かったり、お出かけに連れて行きたくなるような
そんなアクセサリーが並びます。

b0184796_13145534.jpg
− − − KOSOKOSO − − −
おはなしを読んでいる時のようなどきどき、わくわく毎日が楽しくなる雑貨。
カラフルでちょっと不思議なキャラクター達が魅力的です。
ブローチやキーホルダー、ピアスやイヤリングなど幅広く展開しています。

b0184796_14341317.jpg
b0184796_13151348.jpg
− − − cherry bonbon. − − −
京都在住の二人組。
物語性のあるデザインで、本の挿絵のような愛らしいアクセサリーを制作。
シルバーなどの金属にガラスを焼き付けた七宝の技法で
瑞々しい色合いの作品を生み出しています。

b0184796_13150356.jpg
− − − matsurica − − −
一つ一つ手で削り出し、ハンドペイントを施したガラスのアクセサリー。
ガラスに包み込まれる光、淡くやわらかい光と質感を大切に、
誰かの手の中で穏やかに輝き続けるように願って制作しています。

b0184796_13150027.jpg
− − − 風子 − − −
京都在住のテキスタイル作家。
刺繍や手織りの布で服や小物を制作しています。
動物や植物など様々な刺繍を手掛け、
シンプルなフォルムで印象に残る愛らしさがあります。

b0184796_13152554.jpg
b0184796_13152012.jpg
− − − 堀内浩子 − − −
他ではなかなか見られない
ちょっと変わった動物をチョイスしたブローチを制作。
ビーズやスパンコールなど様々な材料を使ってその動物らしさを表現しています。



※最終日は16時までの開催となります。



[PR]
# by alphabet123 | 2018-03-23 19:23

【3/29〜4/10】alphabet journey 旅の蚤の市

b0184796_14272461.jpg

alphabetオーナーの郷田英子が世界各地を旅して見つけた雑貨を紹介します。
スウェーデンやフィンランドの古い布やルーマニアのガラスなど、
これはなんだろう?なんてちょっと不思議なものも?

アジア、ヨーロッパ、いろんな場所で土地土地の衣食住、それぞれに楽しみをもって、
人とつながりながら歩いてきた、はたまた駆け抜けてきた旅路。
きらきら、ワクワクするものをいつも探し続けて、
そんな旅で出会った道具たちです。

[PR]
# by alphabet123 | 2018-03-21 14:30

コーヒーの時間。

b0184796_17404625.jpg
日差しも暖かくなって桜が楽しみな季節になってきましたね。

alphabetでは定番でお取り扱いさせて頂いている、
北海道のモリヒコさんのコーヒーが入荷しました。

コーヒーを淹れる時間も楽しんでもらえるコーヒーミルやポット、ドリッパー、
キャニスターにマグなど、オススメしたいものがたくさん!のコーナーが出来ました。

新生活に向けて、新しい道具で気持ちも一新してみてはいかがでしょうか。
コーヒー好きな方へ贈り物にもぴったりですよ。

b0184796_17405341.jpg
冒頭の写真、KINTOのキャニスターはコーヒー豆200gがぴったり入るサイズ。
そしてチークのコーヒーメジャーは一杯で約10g(コーヒー1杯分)が計れます。
口が広いのでコーヒーメジャーも中にすっぽり入りますよ。
シリコンで密閉でき、簡単に開け閉めできる所も◎です。

b0184796_17410253.jpg
ステンレスで直火可能なケトル。
お湯も細く淹れることが出来ます。
コーヒーを淹れる際には85〜90℃がいいとされています。
沸騰したお湯でドリッパーやカップを温めるとちょうどいい温度になりますよ。

b0184796_17410661.jpg
真ん中から注いでいきましょう。
ドリッパーはポットと一体型になったコーヒーカラフェセット。
ステンレスのフィルターでペーパーレス、
味わいもペーパードリップに比べ、甘みや油分などの風味がダイレクトに抽出されます。
微粉が混じることがありますがそんな所もワイルドな雰囲気です。

b0184796_17411092.jpg
どんなコーヒーになるか、ワクワク。
コーヒードリッパーとして使わない時は、ジャグとして
ハーブやフルーツと一緒にお水やお茶でデトックスウォーターやフルーツティーを
作って入れておいてもとっても綺麗です。

b0184796_17412008.jpg
淹れ終わったらお湯が落ちきる前に、豆の計量もできる付属のカップにフィルターを入れておけます。

b0184796_17411583.jpg
我が家では4th-marketさんのカップを愛用中。
さらっとして繊細なイメージとは裏腹に、
オーブン、レンジ、食洗機OKのタフなカップです。
お色違いでツルッとした白もあります。

パッケージでしかご紹介できないのが残念ですが、
森彦さんのコーヒーもご紹介。
いずれも豆と粉でご用意しております^^
b0184796_11555464.jpg

●高級感のある黒いパッケージのスペシャルティコーヒー
【ストロベリーモカ】

世界中のコーヒー愛好家から絶大な人気を誇るエチオピア・イルガチャフィーのモカ。

イルガチャフィーとはエチオピアの中でも約2000mと標高の高い地区の名称。
寒暖の差を利用し、ゆっくりと熟した甘みが強い実がなり、
コーヒー発祥の地とされるエチオピアの中でも品質の良い豆の産地として知られています。

通常はウォッシュドと呼ばれる水を利用して果肉を取り除く方法が採られることが多いですが、
ストロベリー・モカは特別に自然乾燥させるナチュラル製法を採用。
手摘み収穫されたコーヒーチェリーを風通しのいいアフリカンベットと呼ばれる棚で天日乾燥。
ハンドピックを徹底的に行い、欠点豆を限りなくゼロに近づけた
最高ランクのグレード1まで丁寧に仕上げました。

スッキリとしたクリアな風味になるウォッシュドに比べ、
濃厚な風味と豆本来の自然な味が活かされるナチュラル製法と焙煎で
従来のモカより熟度が高く、甘く華やかなストロベリーのようなフレーバーに仕上がっています。


●No.1モリヒコ・ブレンド【フレンチ】
アジアの代表的な銘柄「マンデリン」と南米の最高品質の「コロンビア」
そしてアフリカの「モカ」三位一体のブレンド。

モリヒコの焙煎師、市川さんが焙煎の研究に明け暮れていた頃、
当時は銘柄別に焼き、最後にブレンドするというのが業界の常識でした。
そしてマンデリンとコロンビア、いずれも心から惚れ込んだ豆を活かすために試行錯誤を繰り返し、
やっとたどり着いた、「焙煎する前にブレンドする」というアイデアとともに生まれたコーヒー。
濃厚なフルボディに一層の甘みと香りが加わった、
今ではモリヒコの人気を二分する定番のブレンドとなっています。

●カフェインレスコーヒー【おいしいデカフェ】
薬品を使用せずにカフェインを抽出するマウンテンウォータープロセスで
カフェインを取り除いても美味しいカフェインレスコーヒー。
妊娠中はもちろん、カフェインに弱い方、一日に何倍もコーヒーを飲む方に、
今まで通りのコーヒーライフをお届けします。

●オーガニックコーヒー【ブラジル・オーガニック】
生産量、輸出量ともに世界一の実力を誇るブラジル。
山地の標高が比較的低く、全体的に酸味は少なめ。

●季節のコーヒー【Milky】
シダモ、タンザニアをベースに甘くまろやかな口当たりのコーヒーです。

どうぞ楽しく美味しいひとときを*

こめ3月21日は祝日のため営業致します。

[PR]
# by alphabet123 | 2018-03-19 19:56

【2/24.25】スタッフフリマ開催します!

b0184796_18322030.jpg
2月24日(土)・25日(日)に9回目のスタッフフリマを開催します!

日曜日は上賀茂神社の手作り市もありますので、ぜひお散歩がてらお越しください☆

alphabetスタッフなどからお洋服や雑貨などが集まります!

掘り出し物を見つけに来てくださいね!



[PR]
# by alphabet123 | 2018-01-30 18:33

【2018 Diary】SKOBA チェコの手帳

b0184796_18211469.jpg
みなさまクリスマスはいかがお過ごしでしょうか?

いよいよ12月もあと1週間を切りましたね。
来年の手帳はもう選ばれましたか?

alphabetではオーナーがチェコで直接買い付けてきた手帳が届いています^^

表紙は世界中の古い布や雑誌、地図をリメイクして作られた1点もの。

プラハの工房を併設したお店では、たくさんのノートや手帳とともに
一冊ずつ手をかけて製本している様子を見せてもらいました。
b0184796_16570261.jpg
b0184796_16561928.jpg
b0184796_16571338.jpg
メインのウィークリーカレンダーは余白部分が多いので、
予定を書き込む他、簡単な日記帳のようにしたり、
todoリストや記録をつけたりするのにも。

b0184796_16465211.jpg

手帳を閉じることができるゴムバンド、ペンホルダー、紐の栞、
背表紙にはマチ付きのポケットが付属しています。
サイズは文庫本よりやや細長い大きさです。

alphabetのwebshopでもご覧いただけます!


それでは少し早いですが、みなさま良いお年を!


  

* 年末年始 営業のお知らせ *


12月31、1月1〜3日はお休みとさせて頂きます。

12月30日(土)は通常通り20時までの営業です。


b0184796_16565626.jpg
b0184796_16563408.jpg

b0184796_16570819.jpg

[PR]
# by alphabet123 | 2017-12-25 18:24

【〜11/28】澤田卓伸 楽しいどうぶつ展 開催中!

b0184796_19033716.jpg
赤や黄色、鮮やかな紅葉に彩られた京都、
北山通りのイチョウの木も綺麗に色づきました。

アルファベットでは16日より澤田卓伸さんの楽しいどうぶつ展が始まりました。

澤田さんは京都在住の陶芸家。
動物をモチーフにした陶器のアクセサリーを中心に
一点一点手描きの食器を、心を込めて丁寧に作っています。

今回は動物モチーフの食器やブローチに加えて
寒い時期にほっこりと温まるような飴色の食器も届きました!

b0184796_19031678.jpg

まずは動物の食器の粉引(こひき)シリーズ。
粉引は粉を引いた(吹いた)ように白いことからそう呼ばれています。

澤田さんは絵付けを「掻き落とし」という技法で表現されます。
一度黒く塗りつぶしてから、絵の具の部分のみを削り出し、細かな部分は筆を使って模様を描くのだそうです。

上の写真は、今回のカップのなかでは一番小ぶりなユノミ。
飲み物を入れる以外にもフラワーベースとして使っても素敵です。


b0184796_19021623.jpg
こちらはコーヒーカップ。
取っ手つきの粉引は作るのが難しく、手間も失敗も多いのだそうです。
シンプルながらフチや取っ手の形も丁寧に作られているので、ぜひ手にとってご覧ください。
大小2つのサイズがあります。


b0184796_19020536.jpg
大きめのフリーカップ。
ユノミと同じく取っ手がなく、お茶やコーヒーなど
飲み物の種類を気にせず使って頂けます。


b0184796_19031122.jpg
スリムな形で手に取りやすい小茶碗。
スープやお味噌汁を入れるのにも丁度いい大きさです。

粉引の器は使用前にお米のとぎ汁の中に30分ほど浸してあげると
汚れがつきにくくなります。


b0184796_19021166.jpg
b0184796_19020083.jpg
四角皿と丸皿。動物によって真ん中にいたり端にいたりと違うのが可愛らしいです。
一人分を盛り付けるのにちょうど良く、
料理を分ける取り皿や、一人暮らしの方への贈り物などにもオススメ。

カップやお茶碗とセットにして使うと更に素敵ですよ。

b0184796_19091728.jpg
b0184796_19022794.jpg

アルファベットで定番として展開している動物ブローチ。
新色のパステルカラーはアルファベットでは初めてです。

淡い色合いは黒や紺など冬に活躍するお洋服の色とも相性抜群。
もちろん、定番の色も店頭に揃っております。

ブローチは原型の製作から、釉薬(うわぐすり)の調合に至るまで、
微妙な色合いや風合いは納得のいくまで試験を繰り返されるのだそうです。
食器のシリーズとは少し違うデフォルメされた動物たちは、
シンプルながらその動物それぞれの動きや特徴を捉えています。

b0184796_19024773.jpg
動物の食器やブローチの他にも素敵な器が届いています。
それがこちらの飴釉(あめゆう)シリーズ。
黒と飴色の対比がおもしろい、ちょっと変わった、
飴釉という鉄分を含む釉薬(うわぐすり)を使った食器です。

寒くなると温かい色合いの食器が使いたくなりますね。

b0184796_19023557.jpg
こちらのシリーズもコーヒーカップとフリーカップがあります。
ツヤツヤとした黒と飴色は食卓でも映えそうです。

b0184796_19015399.jpg
口の広いティーカップ。大小のサイズがあります。
内側の色が飴色と黒の2種類あり、同じ柄でも随分と印象が変わります。
お気に入りの1つを選んだりペアで揃えても素敵ですよ。


b0184796_19024214.jpg
b0184796_19025406.jpg
1枚目はパスタ皿。
深めの器なので汁気のあるお料理にも幅広く使えそうです。
2枚目は四角皿と大きめの丸皿。
同じ模様を手描きされているので、
一つ一つに表情の違いがあり、機械的ではない温かさがあります。


b0184796_19030295.jpg

澤田卓伸さんの楽しいどうぶつ展は、11/28(〜16時)まで。
同じ形の同じ柄は一品のみとなりますので、気になる種類がある方はどうぞお早めに…!
たくさん作って頂き、店頭に出し切れていない種類もございますので、
スタッフまでお気軽にお尋ねくださいませ。

[PR]
# by alphabet123 | 2017-11-21 13:26

【〜11/14】ノルディックヴィレッジ開催中です☆

b0184796_15245828.jpg
ノルディックヴィレッジで
「世界一幸せ度の高い人々」の暮らし方のヒントを見つけよう!?



昨日の雨でぐんと秋らしく色づいた北山です。
ケヤキは葉が落ち始め、イチョウは一気に黄色くなったように感じます。

紅葉も先週はまだまだでしたが、これから見頃になりそうですね^^

alphabetでは北欧からやってきた木製品のキッチン雑貨や
クリスマスのオーナメントなどが並びました☆

b0184796_15245457.jpg

一枚目はずらりと並んだスウェーデンのトムテ。
(ノルウェーとデンマークではニッセ、フィンランドではトントゥと呼ばれています。)
トムテは普段はお家で暖炉の番をしてくれたり、家畜のお世話をしてくれるのだそう。
そしてクリスマスの時期には
サンタさんのお手伝いとしてプレゼントを届けたりするのだとか。

赤い帽子と髭がトレードマークのかわいらしいトムテですが、
子供くらいの大きさで、暗闇で光る目を持ち、
ボロボロの服をまとった姿で伝えられていて、

本当の姿はちょっと怖いのかもしれませんね;

そして、機嫌を損ねてしまうといたずらをしたり物を盗んだり壊したりするそうです。

そこで北欧の家庭ではクリスマスに
トムテの好物のポリッジと呼ばれる甘いミルク粥を用意したり、
クリスマスのディナーを残しておいたりするそうです。

じつはガチョウに乗った姿が有名な「ニルスのふしぎな旅」の
ニルスもトムテに小人にされてしまったんですよ。

b0184796_15171467.jpg
b0184796_15173997.jpg
こちらはオークとジュニパー、フェルトの鍋敷き。

ブロックが紐で繋がったオークの鍋敷きは色んな形に変えられるちょっと変わったタイプ。

右手のしっかりとした分厚いスウェーデンウールのマットは
断熱性に優れ、水分も吸収してくれます。

そして切り株が並んだような手前の鍋敷はジュニパーで作られたもの。

ジュニパーとはヒノキ科のネズの木のことで、
古くから魔除けとして用いられたり、その実はジンの香り付けとして利用されてきました。

アロマオイルとして利用されるほど、爽やかな森林の香りが楽しめるジュニパーには
心を落ち着かせたり、不安感を取り除いてくれたりといった効能もあるそうです。
b0184796_15172177.jpg
コロンと可愛いカップはハンノキをくり抜いて作ったもの。
白樺で出来たククサもあります。

ククサとはフィンランド北部のラップランドの先住民族サーミ人に伝わる、
白樺のコブをくり抜いた伝統的なカップです。

サーミ人はトナカイを放牧して暮らし、シャーマニズムを信仰してきた民族で、
数々の物語も語り継がれてきました。
その中でも有名なのがオーロラについて語ったもの。

キツネが夜空を走り

その尻尾で空を一掃する時に

あのはっとする光が放たれる。

神秘的な物語の他にも伝統的な衣装や暮らし方をしているサーミ人。
ククサは贈られた人は幸せになると伝えられていて、プレゼントにもぴったりですよ!
b0184796_15172924.jpg
こちらはveicoというフィンランドの小さな田舎町で作られている白樺のネックレス。

alphabetでも定番のお鍋の縁に挟んで吹きこぼれを防ぐ
「ポットウォッチャー」を作っているメーカーです。

他にも白樺の樹を薄く削って作ったクリスマスカードも。

b0184796_15174378.jpg
この他にも北欧のヴィンテージのクロスや白樺のカゴ、リボンや
アラビアの食器などもありますよ^^


スカンジナビア諸国やバルト諸国(ノルディックカントリー)では、
伝統的に自然のリズムと日常生活が、溶けあった暮らしを営んできました。

厳しい気候と豊かな自然の中で簡素な暮らしの中で、
その環境にマッチした様々なデザインとシンプルで機能的な製品を育み、
それらを使いこなして屋内での生活に楽しみを見出してきました。

身近な日用品や雑貨を通して、ノルディックカントリーの
透明な空気感とゆるやかな時間の流れを見つけて、自分の生活にも
生かせるキッカケになればと思います。

どうぞ紅葉の京都に遊びにいらしてくださいね。

※最終日は16時まで
b0184796_15173627.jpg
b0184796_15173283.jpg
b0184796_15171733.jpg


[PR]
# by alphabet123 | 2017-11-09 18:48

【11/2〜14】ノルディックヴィレッジで、「世界一幸せ度の高い人々」の  暮らし方のヒントを見つけよう!?

b0184796_16294700.jpg

alphabetのギャラリーコーナーにて、


北欧からやってきた木製品のキッチンツールやカトラリー、

キッチンクロスやフェルト小物が並びます☆



スカンジナビア諸国やバルト諸国(ノルディックカントリー)では、

伝統的に自然のリズムと日常生活が、溶けあった暮らしを営んできました。



厳しい気候と豊かな自然の中で簡素な暮らしの中で、

その環境にマッチした様々なデザインとシンプルで機能的な製品を育み、

それらを使いこなして屋内での生活に楽しみを見出してきました。

身近な日用品や雑貨を通して、ノルディックカントリーの

透明な空気感とゆるやかな時間の流れを見つけて、自分の生活にも

生かせるキッカケになればと思います。

※最終日は16時まで


[PR]
# by alphabet123 | 2017-10-26 19:30


京都北山の雑貨店 alphabetのgalleryや入荷などのお知らせです。


by alphabet123

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

【アルファベットのこと】
at 2018-04-23 12:34
【〜4/10】alphabe..
at 2018-03-30 19:52
【4/26〜5/8】 春のア..
at 2018-03-23 19:23
【3/29〜4/10】alp..
at 2018-03-21 14:30
コーヒーの時間。
at 2018-03-19 19:56

画像一覧

ブログパーツ

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

カテゴリ

全体
入荷
gallery
お教室
イベント
お知らせ
おすすめ
くらし
作家さん
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
ハンドメイド